サイトメニュー

車のきずやへこみ 車の下取り、買取で傷やへこみが与える影響 車の傷やへこみは直した方がいいのか 傷の減点方法 傷やへこみがある車を高く買取する方法 おすすめな一括査定業者

 

車の傷やへこみ

車を売る時、ボディのへこみや傷があると査定においてはマイナスになってしまい、減額対象になってしまいます。しかし、どれくらいの影響があるのかまでは詳しくは知らない人も多いと思います。

 

ボディのへこみや傷がどれくらい査定においてマイナスになってしまうのかを詳しく説明します。

 

車の下取り、買取で傷やへこみが与える影響


車を売る時や下取りに出す時に査定に影響しやすいのが傷、へこみといったボディのダメージです。

 

傷やへこみは査定士が細かくチェックされますが、その他に査定額が下がるのは、ランプやアンテナの破損、フロアマットやシートなどの内装だと言われています。

 

車の査定の基本は、基本となる査定額から加減点を行い、最終的な査定価格を出します。その時に減点になるのが上記に上げたボディのダメージなのです。

 

査定への影響は傷の深さなどによる

査定額に大きく影響する傷やへこみですが、これらの査定額の減点は傷の大きさや深さによります。

 

簡単なたとえを出すと、ぱっと見でわかりにくいような傷ならばそこまで査定額が下がることはありません。しかし、遠目でみてもわかるような大きな傷の場合は査定額は大きく差がてしまいます。その為、普段から傷をつけないように乗ることが大事になります。

 

へこみも傷と同じで査定の時、基準状態を無傷として、へこみの大きさで大きく減点されていきます。

 

こちらも小さければそこまで気にするほどの減点にはなりませんし、気が付かない事もあるかもしれませんが、目立つへこみの場合は買取だけではなく、下取りに出したとしても修理をしてから販売をしないといけない手間が出てしまうので、大きくマイナスされてしまう原因になってしまいます。

 

傷の種類による査定への影響

まず、洗車時についてしまった細かい傷に関してはほとんど査定額への影響はないと思います。感覚としては指で触ってザラザラとした引っかからない程度の浅めの傷であれば問題ないです。

 

小さい傷と言えば、鍵をさす時にさし間違えてできた傷ですが、これも傷が浅ければそこまで影響はないですが、大きくついてしまっていると多少減額になります。

 

査定に影響する傷は大体1センチくらいからの傷になりますので、それ以下であれば影響はないと思っても問題ないと思います。わかりやすく大きな傷になってしまっているものは数万円の減額をされます。

 

傷の場所によっても査定額は変動する

傷の場所によってはパーツ自体を交換しないといけなくなるので通常よりも大きな減額になる場合があります。特に屋根は減額になりやすく、ピラーやリアバンパーの上部は比較的マイナス評価になりにくい場所になります。

 

さらに、シートなどの車内も状態を気にされる人が多いことから汚れ、傷、タバコの臭い、ペットの毛や臭いなどが残っているとマイナス評価につながってしまいます。

 

業者にもよるのですが、大体1点の減点で約1,000円程度の減額がされると考えていいと思います。それが大きな傷であれば10点の減点であったり、小さくて目立ちにくいような傷なら2点の減点程度になるなどの評価のつき方になります。

 

車の傷やへこみは直した方がいいのか

傷やへこみの大きさで査定額に大きく影響をするなら修理した方が良いと思うかもしれませんが、実は、修理してまで傷はなおさなくても良いです。

 

傷やへこみはキレイな状態で売れば査定士の鑑定では印象も良くなり、減点も少なく済みますが、修理をすると修理費用なども含めてそれなりにお金がかかります。

 

時間や費やした修理費が帰ってくるだけの査定額になるかと言われれば必ずしもそうとも限りません。費やした費用分が返ってこない事もあるかもしれないので、そこまでして下取りや買取の査定額を上げる為に直す必要がありません。

 

もし、親しくしている修理店があるなら傷の度合いもみてもらい、どれくらいで修理ができるのか、費用を聞いてみて、費用効果を計算してから修理をするかどうかを検討してみるといいと思います。

 

それから、カー用品店に置いてある補修用品を使って自分で補修してみるのもありますが、見栄えによってはマイナスに作用してしまうことがあるので気を付けて下さい。

 

傷の減点方法


傷はその深さも問題ですが、大きさも重要です。大きさによっても減額が変わってくるので、それを表にしてみました。

傷の深さ 減点額
へこみや傷が1センチ未満 減点の対象にならない
傷の直径がカードサイズ未満くらい(9センチ未満) 10点減点(1,000円×10=10,000円)
傷の直径がカードサイズ以上くらい(9センチ以上) 20点減点(1,000円×20=20,000円)
傷の直径がA4サイズ以上(約30センチ以上) 30点減点(1,000円×30=30,000円)

このように、1点の減点が1,000円とした時、その傷の大きさによってこれだけの減点があり、マイナスになってしまいます。

部分交換が必要な場所

バンパー、ドアなどの部品効果が必要な箇所は50点以上の減点で交換が必要になります。それがカードサイズくらいの傷が3ヵ所あったとしたら、20点減点×3ヵ所で60点の減点になるので、この時点で交換対象になります。

 

バンパー等の交換費用は国産車で約5万〜10万円程度、高級車や外車だと約20万円必要になります。ドアの場合、国産車だと10万円程度かかり、高級車や外車であれば20万円程度かかることになります。高級車などは部品も限られてくるため部品代はたかくなりますし、交換費用はそれだけ高くなります。

 

傷やへこみがある車を高く買取する方法

傷やへこみがあると査定においてマイナスになってしまいますが、それでも傷あり、へこみありの車を高く買取する為の方法を紹介します。

複数の買取業者から見積もりをとってもらう一括査定を利用する

傷やへこみがある場合は、直さずに現状のままで一番高い買取金額を出してもらう事ができる業者を見つける事が大事です。

 

高く買取をしてくれる業者を見つける方法は、一括査定を利用して複数の業者から査定の見積もりを出してもらうのが一番早くて確実なのです。

 

このひと手間をするかしないかで数万円〜数十万くらいの差が出てくることがあります。その為、最低でも3社程度、多くて10社程度の買取業者から見積もりを出してもらった方が比較をする事ができるので検討しやすくなります。

 

一社だけではダメな理由

複数の業者に依頼する理由は大きくわけても3つあります。

業者によって傷に対しての評価が違う為

まず大きな理由の一つとしては業者によって傷に対しての評価が全く違ってくるからです。

 

業者によっては1点を1,000円の値引きとして計算していますが、また別の業者では1点が1,500円の値引きになることがあります。そうなると、A4サイズ以上の傷だと30点減点×1,500円なので4万5千円の値引きになってしまいます。1点が1,000円の値引きの業者と比べて1万5千円も値引き額が違ってくるのです。

 

逆に1点が1,000円以下の800円の値引きの業者であった場合、同じ30点の減点だと、30点×800円で2万4千円のマイナスだけで済むことになりますので、1,500円の値引きの業者と比べて2万1千円の差があることになります。

 

これが一つなら2万円の差ですが、複数あった場合、10万円の差になることもあるので合計の査定額に大きく響いてきます。

 

では、ここまで差が生まれるのはどうしてなのでしょうか。

 

それは、自社で整備を行う工場がある業者の方が安いコストで修理をする事ができるからです。傷があったとしても自社で安く修理ができるなら査定は少し強気に出てしまってもそこまで大きな痛手にはなりませんよね。それに少しの傷であれば気にされません。

 

一方、修理を外部に発注するような業者は見落としが起きるとそれだけで赤字になってしまうことがありますので、査定に関しては厳しめに行っていますので、査定の値引きも高くなるのです。

 

このように業者によって値引きや査定額に大きな違いがあるので、必ず複数の業者に見積もりを依頼する事をお勧めします。

業者によって得意な車両が違ってくる

あまり知られていない事かもしれないですが、業者ごとに力を入れている得意な分野が存在しています。

 

例えば、軽自動車に強い業者、ミニバンの買取に力を入れている業者、高級車に力を入れている業者などの分野の違いがあるのです。

 

その他にも車種ではなく、傷あり車に関しての販売網を持っている業者もあれば、事故車に特化している業者もあります。業者からしたら得意な車種ならば多少は高く買取をしても販売するだけの力があるのでそこまで問題になることはありません。しかし、逆に苦手な車種の車を買取してしまうと、在庫として売れ残る危険性があるので強気に価格を出す事は難しくなります。

 

その為、どこの査定が一番高かったと一口に言っても、必ず全員に当てはまるわけではないのです。少しでも車を高く売りたいと思ったら、複数の業者に一括で見てもらう事ができる一括査定はおすすめなのです。

値上げ交渉は必ず行う

一括査定で複数の業者に見積もりをお願いした後、その見積もりを出してもらった業者の中から3社くらいをピックアップして、交渉をしていきましょう。

 

業者には他にも見積もりをお願いしている業者があることを教えてしまっても問題はないので、価格をそれぞれの業者で競うように値段を出してもらいましょう。

 

「A社はこれくらいだしてくれましたが、B社さんはどれくらい出してもらえますか?」と持ち掛ければOKです。

 

おすすめな一括査定業者

 

カーセンサー簡単ネット車査定

シンプル作業で簡単に査定依頼が可能です。行うことはたったの3ステップ!「車情報入力」「買取店からのご連絡」「査定額を比較」これだけです。

 

「カーセンサー簡単ネット車査定」の公式ページには申込数ランキングなど、ご自身の車の買取相場を簡単に知ることが可能です。

 

利用者の声も掲載してあるので、ぜひ参考になさってください。

一括査定.com


一括査定.comは、登録されている業者は50社程度を少ないですが、その50社は一括査定.comが厳選している業者なので安心して買取を任せる事ができます。さらに最大で10社まで査定依頼をする事ができます。

 

厳選された業者だからこその納得価格を出してくれるので、高く売りたいと思った時に利用するとお得に利用する事ができます。

楽天一括査定


楽天一括査定は、有名なショッピングサイト楽天のカテゴリーの中の一つになります。

 

ネットショッピングなどを扱っているからこそですが、車、バイク、中古車、新車などの販売や買取などを全て楽天市場の中で完結させることが可能なのが大きな特徴です。

 

一括査定を利用すると1対1で業者と商談をする事ができ、売り手の有利な状態で買取価格の交渉をする事ができるのです。