サイトメニュー

査定士はここをみる 中古車が査定チェックに使用しているもの 査定時のポイントと査定の基準 買取査定のチェックポイント 減点されない為にすること お勧めの一括サイト まとめ

 

査定士はここをみる

中古車の査定をする際、査定士がどこをチェックして査定額を決めているのか、知らない人もいると思います。

 

しかし、実際知っていると、中古車を売る際、気を付けるべきことが見えます。

 

では、査定士がどこを見て査定額を決めているのか、一つずつ見ていきましょう。

 

中古車査定が査定チェックに使用しているもの


中古車査定士はJAAIが発行している中古車査定士資格を保有してます。JAAIというのは一般財団法人日本自動車査定協会と呼ばれているもので、中古車査定資格を発行しているところです。

 

そして、このJAAIの中古車査定資格を取得している査定士はJAAIが定めているチェックポイントに基づいて査定を行っています。

 

これらのチェック項目は年式や走行距離などもチェックポイントの一つなのですがそれ以外にもいくつかあるので、一つずつ説明していきます。

 

査定時のポイントと査定の基準

車種の需要

年式や走行距離ももちろん大事なチェック項目になりますが、まずみられるのは車種の需要です。

 

JAAIのチェックポイントには需要の項目はないのですが、この項目に関しては店舗ごとに需要のポイントは決めても良いとされているので、それを基準に車種の需要を決めています。

 

その為、需要のチェックポイントは店舗ごとに違ってきます。

年式や走行距離

査定士がチェックするポイントとしてまず浮かぶのはこの項目かと思います。中古車を購入する側になった際、やはり気になるのもこの項目だと思います。

 

査定に関してもJAAIによって細かく取り決められています。車種や使用用途などによっても違ってくるのですが、自分で確認する時は、大体初めて登録してから1年で1万キロ走行しているかどうかという部分をまずは見ると良いと思います。

 

1万キロを超えていると減点が入り、範囲内で納まっていれば加点になります。基準値のラインであれば減点も加点もされませんのでそれだけでも覚えておくとわかりやすくなります。年式、走行距離においての加減点の割合は比較的高く、査定額に大きく関わってくる項目です。

 

ただし、普通車と軽自動車では走行距離の平均が違っていて、普通車であれば1万キロですが、軽自動車であれば8千キロとされています。

外装(ボディカラー、傷、汚れ等)

外装はまず査定士さんに見られる箇所であると言っても良いと思います。

 

その中でもボディカラーは査定金額に関してはかなり違ってくる項目です。というのは、人気のあるカラーであればそれだけで査定額は高くなるためです。特に人気のあるカラーは白やシルバー、黒などの比較的無難な色のものです。

 

これらのカラーは業者が他の人に売る時も比較的売れやすい為、特に好まれます。

 

それから、ボディのへこみや傷、汚れなどもチェック項目に含まれていて、ランプ、アンテナの破損等もチェックされます。細かい所で言えば、鍵を指し損ねた際にできる小さなひっかき傷などもチェックされてしまいます。

 

傷ができているからといって傷を修理したとしても修理費用は査定には反映されないので、もし傷があったとしてもそのままにしておいた方が修理費用分を損しなくて済むことが多いです。

内装(シート、フロアマットなど)

シート、フロアマットなど、車を乗っていると汚れてしまいやすい内装も査定士は細かくチェックをしています。シートなどの汚れがひどくて交換が必要である場合、査定金額は大きく減額される対象です。

 

買取をしたあと、別の方に売る時にタバコの臭いやペットの臭いや毛などを嫌がる方がいる為、そういったものを加味しての減額となるのです。

 

その為、売る前に車内の掃除は行っておくことをお勧めします。

エンジン周り

エンジンの異音、オイルチェック、プラグの状態の確認、改造パールがあるかどうか、修復履歴などをチェックしていく項目です。

 

エンジンをオーバーホールしていたり、載せ替えをしている場合は、申告しておくとプラス査定になることがあります。

 

エンジンの状態を見る時は、査定士はエンジン音を聞く、吹け上がりの状態くらいしか確認する方法を知らない為、普段乗っている中で異常がなければそこまで心配する必要はありません。

 

しかし、エンジンルームに関しては少し違います。先程書いたオイルチェックなどを行うのですが、オイルや水が漏れてしまっている場合、これは減点の対象になりますので、査定に出す前に必ずボンネットを開けて確認をしておくようにしましょう。もしオイル漏れや水漏れがあった場合は、ウエスなどで拭いておくと良いと思います。

 

買取査定のチェックポイント


査定士がチェックするポイントをまとめて紹介しますので、自分の車の状態と照らし合わせながら確認してみましょう。

項目 チェック等
外装

・ボディ全体の汚れや傷、へこみ
・ボディカラー
・エアロパーツ
・ナンバープレート
・前後左右のガラス
・サンルーフ、ムーンルーフの動作確認
・ボンネットや天井の状態確認
・ヘッドライト、テールランプの確認
・ラジオ、テレビ等のアンテナの確認
・ドア、ウインドウの動作確認

内装

・車内全体の汚れ
・喫煙等による影響確認
・シートの状態確認
・オーディオ類とスピーカー
・カーナビの確認
・ハンドルやメーター類
・エアバッグの確認
・トランクスペースの状態確認
・付属の装飾品確認

足回りや下回り

・タイヤホイールの状態確認
・車高確認(サスペンションやショックなど)
・タイヤハウスの状態確認
・マフラーの状態
・オイル漏れやにじみの確認
・各パーツの傷やへこみ、錆などの確認

エンジン回り

・バッテリーの状態確認
・エンジンオイルの状態確認
・修復歴の確認
・エンジンの状態確認
・改造パーツの有り無し
・車台番号確認

その他チェック項目

・メーカーや車種
・年式やグレード
・走行距離
・車検証や整備記録簿の内容確認
・取扱説明書等の書類の確認
・キー、スペアキーやキーレスなどの有り無し確認
・純正品の有り無し確認

 

減点されない為にすること

では、実際減点されない為には何をしておけばいいのか、ですが、重要なのは車をできる限り新車に近い状態にしておく事です。

 

もしあなたが中古車を購入しようと思った時、キレイな状態の車を買いたいと思うはずです。

 

つまりはできるだけキレイにしておくことが査定をマイナスされない重要なキーワードなのです。

具体的なポイント

車種

車種に関しては購入の際に自分でよく確認してから購入する以外には方法がありません。

 

自分で先に回避しなければ購入後ではどうにもできません。

年式、走行距離

年式や走行距離は乗っていた情報は変える事ができないので諦めるしかありません。しかし、事前に過走行だけは気を付ける事ができるので、それだけは注意しておくといいでしょう。

傷やへこみなど

傷やへこみは軽いものであれば直せる可能性があります。ただし、自己責任で行ってください。

 

方法は、表面を軽く磨いて消えるようなものであればそれだけでキレイになることもありますし、小さなへこみは車体の裏からドライヤーを温風で当てて温まった時に少し柔らかくなるので、その状態で戻せば直ります。

 

査定の前にやっておくことで数千円〜数万くらいの変化がある場合があります。

フレーム等

フレームに関しては問題がある場合は、減点に関しては非常に大きくなります。

 

ただ、フレームの修理はそれだけでも高額になりやすく、修理をしたとしても元を取れる可能性が少なく、非常に困難になります。

 

さらに、減点されないように虚偽の申告をした場合は罪になることもあるので、傷がある場合は、そのままにしておく方が損をせずに済む場合が多いです。

タイヤ

タイヤの減点に関しては溝が1.6o以上であるかそれ未満かで覚えておくといいでしょう。

 

もし、1.6o以下であれば減点の対象になりますが、1.6o未満であれば減点されることはありません。減点額は数万円程度なのでそこまで大きくないと思えば影響はそこまでありません。

 

具体的にはタイヤ溝が1.6o未満である場合、4万円の減点が仮にされたとしましょう。そうなった際、4万円未満で新品のタイヤに交換ができたとしたら、この場合は元が取れる計算になりますので、変えるだけの意味があった事になります。

 

タイヤに関してはJAAIは指定をしていないので海外製の4本セット2万円のタイヤに変更する事で4万円損する所を2万円の損で抑える事ができたことになります。

 

海外製のタイヤでは純正の物ではないから変更すると減点は大きくなると思うかもしれませんが、査定においての減点対象はあくまでタイヤの溝の深さである為、それ以上の減点はあまりありません。

 

しかし、手間という点で言えば、あまりお勧めはしません。

エンジンルーム

エンジンルームは必ずキレイにしておくことをお勧めします。

 

オイル漏れ等は減点の対象になるので、コックを締めて直るのであれば行っておくべきです。さらにラジエーターの水漏れもホースを交換するだけで直る事が多いです。ホース交換だけなら安く済むので、こういったちょっとしたことはしておくにこしたことはありません。

 

簡単に修理ができるのであれば修理しておくだけで数万円程度の減点を避ける事ができるようになります。

内装

内装に関しては比較的自分でできる事が多いので、全てチェックしておきましょう。
ダッシュボードなどの樹脂部分はキレイに拭きとっておいて、フロアマットは砂をはたいて落としておきましょう。

 

さらに、天井やドアなどに生地による汚れがある場合はそれもたたいて落としておくなど、できるだけキレイにしておくことをお勧めします。
査定の直前にカーナビやメーターなどのほこりも落としておくとキレイに見えるので行っておきましょう。

 

JAAIの定めている汚れは、カーナビに付着している落ちないものに関してのみなので、査定士が確認した時、キレイに保っていると判断されれば採点は甘くなることがあります。

 

査定前に車内の掃除は必ず行い、キレイにしておきましょう。

 

お勧めの一括査定サイト


一括査定を利用する上で特にお勧めしたいのは

カーセンサー簡単ネット車査定

「カーセンサー簡単ネット車査定」の公式ページから車のメーカー、車のタイプ、車のカラー、事故歴など、各情報を入力するだけです。そのデータを元に自分の車の買取相場額が表示されます。

 

手続きは非常にカンタンでわずか3ステップで登録完了!その後は複数の買取業者が一括査定してくれます。

 

200文字以内でご自身の車をアピールすることも可能です。オプションなど書き込むことで、より高額買取を狙えます。

 

まとめ


車を売るにしてもすぐに売るよりは今回紹介した項目を一つずつ確認して、一番キレイな状態で売ることで査定額は大きく変わってきます。

 

ポイントは以下の事を行っておけば買取額を高くすることができます。

 

ポイント

・すぐに直せそうな傷はできるだけ直しておく
・車内などはキレイに掃除しておく
・オイル漏れなどはできるだけ直す
・一括査定を利用すると短時間で高額査定をしてもらえる